自毛植毛の手術で薄毛の煩わしい悩みを解消しましょう

SITEMAP

笑う男性

自毛植毛のFUT法とFUE法の違い

サングラスをかけた男性

自毛植毛には大まかに分けてFUT法、FUE法と2種類あります。このうち最も一般的なのがFUT法による自毛植毛です。FUT法では後頭部の頭皮を細長く切ってドナーを採取しています。毛根の切断率が低いため、定着率が高いと言うメリットがあります。しかし採取した後は縫合すると言った関係上、細長い傷跡が残ると言うデメリットがあります。
髪の毛を伸ばせば隠れるものの、後頭部の髪の毛を短くする髪型だと傷跡が目立つことがありました。FUE法ではパンチを使用し、後頭部に小さな穴を開けて毛根ごとくり抜くと言う方法でドナーを採取しています。丸い形の傷が残るものの、小さいために目立たないと言う特徴があります。
髪の毛が1センチ以上伸びれば隠れることが多いです。他にもメスで切るのでは抵抗がある方でも安心、痛みが少ない、頭皮が硬い方でも対応しやすいなどのメリットがあります。その代わりにメスで切るFUT法と比べると毛根の切断率が高くなるため、定着率が低くなると言うデメリットがあります。
高度な技術を持つドクターに担当して貰えると、毛根の切断率が低くなり定着率が高くなります。FUE法の実績豊富なドクターを選びたいところです。その他にもFUT法と比べると費用が高くなると言うデメリットがあります。クリニックのホームページにある料金表を良く確認してから来院して下さい。

CHOICES ARTICLE

メガネをかけた男性

薄毛の方の願望を叶えてくれる自毛植毛

後頭部や側頭部には髪の毛がたくさんあるのに、なぜか前頭…

スーツを着た男性

自毛植毛の手術では痛みがあるのか

自毛植毛では手術を伴うために痛みが気になることがありま…

ピース

自毛植毛のドナードミナントとは?

自毛植毛にはドナードミナントと言う用語があります。ドナ…

» SITEMAP